休職中なのにアフィリエイトしていいの?

こんにちは。ボブソンです。

 

私は今年の春先にうつ病診断されました。

症状で一番強くて頻繁なのが吐き気と頭痛、それに次いで倦怠感です。おそらくその症状に起因する気分の落ち込みもあります。

発症するのは完全にランダムで、起きてすぐにダメな日もあれば、起床時は平気でも数時間後に発症することもあります。

だいたい1日の中で動けるのは2時間が限度です。もちろんもっと少ない時間しか動けない日の方が圧倒的に多いです。

さて、この記事では私の状態がこんなだから大変でしょ〜、なんて他の人にしてみればどうでもいい事を書きたいのではないんですね。

そうではなくて、こんな状態でもアフィリエイトをすることは物理的には可能である。

あとの問題として規則的に大丈夫なのか?についてを記したいと思います。

会社を休んでるのに副業はOKなの?

最初に、休職中ということは当然「働けない状態」にあるという理由で就業できないという前提があります。

プロフィールにも写真アップしてますが、ほとんどの会社で休職を適用するためには医師からの診断書を提出する必要があります。

本業を出来ない状態なのに、副業をしていいのか?

その答えはOKでもありダメでもあります。

 

会社によって規則が変わりますので社則を基準とすると判断基準が定まりません。

なので、休職中の私にも受給資格のある「傷病手当金」の基準をもとに考えてみましょう。

傷病手当金は全国健康保険協会が管轄する、休職中(在職中で労務不可)の方が受給できるありがた〜い手当金です

まず、受給条件ですが

  • 業務外の病気や怪我の治療中である
  • 病気や怪我が原因で仕事ができない
  • 連続する3日間を含む4日以上、仕事を休んでいる
  • 休んでいる期間中に給与の支払いを受けていない

この4つを全て満たすことで受給となります。

4つ目に記載されているとおり、「給与」の支払いを受けるもの、つまりアルバイトや派遣などは完全NGです。

まぁ、これは普通に考えてわかりますよね。

それ働けるでしょ!と言われて終了です。

では働かない副業とは何なんでしょうか?

「軽微な労務」ならグレーなOK

まず、労務とみなされないものの収入は規制されていないのでOKですね。

例えば不動産投資で得た利益であったり、株やFXで得た利益なんかは性質としては不労所得になりますので全然問題ありません。

アフィエイトの作業は、基本的にブログ記事を書いたり、商品情報を調べたりなどパソコンやスマホを使うものです。

身体の動きだけを見れば、例えば何らかの理由で入院していたり、結構な高熱で寝込んでいてもしている動作ですよね。

なので、その作業をしたからと言って即座に「労務」と断定されるようなものにはあたりません。

しかし家で一日中作業してても良いのかと言えば、それはまた別の話になってしまいます。

 

傷病手当金の規則には以下のような通達があります。

「本来の職場における労務に対する代替的性格をもたない副業ないし内職等の労務に従事したり、あるいは傷病手当金の支給があるまでの間、一時的に軽微な他の労務に服することにより、賃金を得るような場合その他これらに準ずる場合には、通常なお労務不能に該当するものである」(平成15年2月25日保保発第0225007号・庁保険発第4号)

要約すると、

  • 本業の内容と全然違う副業での内職
  • 一時的に軽微な労務で賃金を得る

このどちらかであれば、通常の本業は労務不能と判断されますよ。

ということになります。

さて、この文面でアフィリエイトはどう判断されるのでしょうか?

ちょっと判断が出来かねるので、傷病手当金を管理している全国健康保険協会の管轄支部へ問い合わせてみました。

基本はOKと言えない…でも…

私の説明した状況は以下のとおりです。

  • 本業は現場仕事で肉体労働とデスクワークが半々くらい
  • アフィリエイトの作業内容はパソコンやスマホで記事を更新
  • 日によって作業できる時間が違うが最大でも1日2時間くらい
  • 収入が得られるかは何の保証もない(完全成果報酬)
  • 給与としてもらう金銭はゼロ
  • 普通に赤字になるかもしれない

ざっとこんな感じの内容で、労務不能な状態と判断されるのか?を聞いてみました。

正直、説明した当初はほぼ内容を考慮することなく、

担当者
「基本的に休職中で労務不能な方に支給される手当なので副業はダメです」

という返事に終始しておりました。

しかし、結構しつこく、

  • 副業と言ってもバイトではない。
  • 規定に表記のある内職にあたるんじゃないのか?
  • そもそも給与じゃない、賃金じゃない。
  • 仮に作業をしていなくても収入が発生する場合があるが、それは不労所得だから労務にならないのでは?

などを超低姿勢でかつグダグダと答えを求め続けたところ、、、

担当者
「労務に該当しないと言い切れるのであれば、、、まぁ、、、ぅん」

という確認を取れました!ただし、

「被保険者がその提供する労務に対する報酬を得ている場合に、そのことを理由に直ちに労務不能でない旨の認定をすることなく、労務内容、労務内容との関連におけるその報酬額等を十分検討のうえ労務不能に該当するかの判断をされたい」

という文書記載もありますから、会社が労務だと判断したらアウトになりますからね!

と説明も忘れておりませんでした。

私はいざという時のために、お話頂いた方のお名前も控えさせて頂き、確認した日時のメモも一応残してあります。

会社と健保の判断は違うのでご注意を

今回のケースでは、休職中&傷病手当金受給の状態での考え方を記載しています。

最後の健保からの文言にあったように、会社がNGだと判断すればそれは労務として見なされてしまいます。

健康な方で会社にお務めのまま副業としてアフィリエイトをしようという方は、

100%会社の判定がどうなるかだけを考えてみましょう。

一番良いのは会社に聞いて確認することですね。(私の場合は聞いてませんがww)

ただ、アフィリエイトの報酬は給与や賃金に該当しないので、副業の中でもバイトなどと違って「本業とは別の個人事業」という性格のものです。

仮にアフィリエイトで年収が1000万円を越えるようなレベルになれば、法人化する可能性もあります。

なので、単なる副業がOKかというより、別の事業をしても良いのかと確認したほうがより正確な判断がされるかと思います。

 

念の為に記載しますが、この記事の内容はあくまでも「私の場合」に限ったものになります。
休職中で(傷病手当金受給中の方も)アフィリエイトをしようとする方に必ず当てはまるというわけではありません!
この記事に乗ってたから…と鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考として受け止めて頂ければと思います。
P.S.
結局私は傷病手当金の申請をしませんでした。
正確には受給出来る状態にはしましたが、受給の申請をしていません。
理由はPPCアフィリエイト初月から報酬が発生、2ヶ月目以降も連続して、しかも大幅に増えたためです。
完全に「一時的」でも「軽微」でも無くなっちゃいましたので。。。
アフィリエイトで副業しようと思っている方、どんな質問でもお答えします!
お困り事のような悩みや単なる軽い質問でもお気軽にご連絡くださいね!